方針

(1)品質方針
  1. 顧客のニ−ズ、要望を把握し、会社の目的に適切である品質方針を具現化するために 経営方針(収支、品質、生産性、安全、重点施策)を明確にする。
  2. 経営方針の中で、方針の徹底と品質保証活動の重要性、並びに顧客並びに当社の要求事項及び遵守すべき法令規制の要求事項を満たすことの重要性を認識させる。
  3. 必要に応じて品質方針の適切性の持続並びに品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善を図つて行くため「品質・環境業務マニュアル」マネジメントレビユ−(9.3 項)を実施する。
  4. 各部部長に経営方針の内容に基づき、具体的な活動項目・目標を「目標管理」として作成させ、専務の審査後承認を行い、期初及び下期に主任以上の役付者に発表し目標の実現を図る。又 部内会議、朝礼等にて説明し周知徹底を図る。
  5. 期初及び下期に各部の部長から「目標管理」の運用状況、実績、と見直し後の目標、並びに重点施策について報告を受け、実績の評価と目標並びに重点施策について必要な指示を行う。
  6. 全従業員は「品質・環境業務マニュアル」「規定、基準類」を遵守しよい品質の製品を提供する。
  7. 要求事項を満足させる品質マネジメントシステムが実行、維持、管理されるために品質マネジメントシステムの管理責任者を任命し権限を委譲する。
(2)環境方針
  1. 当社は、燃焼機器用給排気筒、排気筒、その他の関連部品の設計製造、自動販売機用冷却コイル及び各種熱交換器の製造、その他ステンレスロールフォーミングの製造などの全ての事業活動に於いて客観的な環境影響評価を行い、当社が環境に影響を及ぼす側面を対象に、技術的、経済的に可能な範囲で以下の活動を行います。
  2. ISO14001に基づいた環境マネジメントシステムを構築し、継続的改善を行い、環境汚染の予防に努め、地域社会との共生をめざします。
  3. 環境関連の法令、条例、協定及び、当社が同意するその他の要求事項、並びに「グリーン調達(RoHS指令等を含む、製品含有化学物質管理、環境負荷物質の含有制限、禁止物質の不使用等)を順守し、環境負荷の削減のための改善を継続します。
  4. 環境保全を推進するため、環境目的及び目標を定め、環境マネジメントシステムに基づき活動を行い計画の実現に努めます。また、環境目的および目標は見直し、必要により改訂を行います。特に、下記の環境目的及び目標を重点に活動を行います。
    1. ●環境目的

      ・環境負荷の削減

      ●目標

      ・トリクレンの削減

      ・廃棄物の削減

  5. 環境方針は文書化し、見直し、必要により改訂を行います。
  6. 環境方針は、当社の従業員及び、廃棄物取扱い業者、薬品納入業者並びに購買・外注加工先に「担当部門」を通じて周知させ、環境保全に関する意識の向上を図ります。
  7. 環境方針は一般に公開し、パンフレット、インターネット等により入手可能とします。

平成29年4月1日

東京フォーミング株式会社
  代表取締役社長  高橋 喜久一

このページのトップへ